海外FX業者比較 人気優良FXランキング2位 TitanFX(タイタンFX)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

第1位のXMトレーディングに次いで当サイト評価第2位はタイタンFX(TitanFX)
TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。タイタンFX口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

TitanFXデモ口座開設 海外FX|自動売買におきましては…。

投稿日:

売買する時の価格に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社ばかりか銀行でも違う名称で導入しています。しかもふざけるなと言いたくなるくらいで、その手数料がなんと海外FX会社の200倍くらいというところが少なくありません。
自動売買におきましては、EA(自動売買プログラム)の設定どおりにテクニカルポイントに差し掛かった時に、システムがひとりでに買ったり売ったりをします。そうは言いましても、自動売買プログラムについては人が選択することが必要です。
MT4は全世界で非常に多くの人に駆使されている海外FX自動売買ツールだという理由もあって、自動売買プログラムの種類が多種多様にあるのも特徴だと言えるでしょう。
Titanデイトレードの魅力と言うと、一日の中で完全に全部のポジションを決済するわけなので、成果が分かりやすいということだと考えています。
Titanスキャルピングをやる場合は、数ティックという値動きでも欲張らずに利益を得るというマインドセットが必要だと感じます。「更に高騰する等という考えは排除すること」、「欲は捨て去ること」が肝要になってきます。

Titanスキャルピングと申しますのは、一度の売買で1円にも達しないほんの少ししかない利幅を求め、連日繰り返し取引を行なって利益をストックし続ける、非常に特徴的な売買手法です。
初回入金額と言いますのは、海外FX海外口座開設が済んだ後に入金すべき最低必要金額を指します。最低金額の指定のない会社もありますし、10万0とか100000円以上というような金額指定をしているところも存在します。
スプレッドと呼ばれているものは、海外FX会社それぞれ開きがあり、トレーダーが海外FXで儲けるためには、スプレッド差が僅かであるほど得すると言えますので、その部分を加味して海外FX会社を選定することが大事なのです。
売り買いに関しては、一切オートマチカルに完結する自動売買ではありますが、システムの微調整や見直しは一定サイクルで行なうことが肝要で、その為には相場観をものにすることが不可欠です。
Titanスキャルピングとは、少ない時間で少ない利益を獲得していく超短期トレードのことで、チャートあるいはテクニカル指標を参考にして売り買いをするというものです。

為替の方向性が顕著な時間帯を意識して、その波にとって売買をするというのがトレードに取り組む上での重要ポイントです。Titanデイトレードだけじゃなく、「機を見る」「トレンドがはっきりしない時は投資しない」というのは、どんなトレード法で行なうにしてもとっても大切なことだと言えます。
海外FXの一番の特長はレバレッジということになりますが、きちんと腑に落ちた状態でレバレッジを掛けることを意識しないと、只々リスクを大きくするだけになると言っても過言ではありません。
「Titanデモトレードに勤しんでも、実際にお金がかかっていないので、メンタル的な経験を積むことは困難だと言える。」、「現実のお金でトレードしてみて、初めて経験を積むことができるのだ!」と主張される方もいます。
海外FXにおきましては、「外貨を売る」ということから取引を始動することもよくあるのですが、このように外貨を保有することなく「外貨を売ったままの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言うのです。
仮に1円の値幅だったとしても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益になるというわけですが、10倍でしたら10万円の損益ということになります。言ってみれば「レバレッジが高ければ高いほどリスクも高くなる」と言えるわけです。

FX ランキング

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.