海外FX業者比較 人気優良FXランキング2位 TitanFX(タイタンFX)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

第1位のXMトレーディングに次いで当サイト評価第2位はタイタンFX(TitanFX)
TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。タイタンFX口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

海外FXランキング3位はTitanFX|FXの究極のセールスポイントはレバレッジだと言えますが…。

投稿日:

FXをやる上で、外国通貨を日本円で買うと、金利差に応じたスワップポイントを獲得できますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買う時は、逆にスワップポイントを徴収されます。
FXに関しましては、「外貨を売る」という状態から取引をスタートすることも可能なのですが、このように外貨を所有しないで「外貨を売っている状態」のことも、「ポジションを持っている」というふうに言います。
スプレッドというのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社にとっては利益になる売買手数料に近いものですが、各社の方針に従って個別にスプレッド幅を設定しています。
トレードを行なう日の中で、為替が急激に変動する機会を捉えて取引するのがデイトレードです。スワップ収入が目的ではなく、1日という制限のある中で取引を繰り返し、わずかずつでもいいので収益を確保するというトレード法です。
為替の変動も見えていない状態での短期取引ということになれば、あまりにも危険です。どう考えても豊富な経験と知識がないと話しになりませんから、始めたばかりの人にはスキャルピングは推奨できかねます。

FX会社それぞれに特徴があり、メリットもあればデメリットもあるのが通例なので、新参者状態の人は、「どこのFX業者でFX口座開設するのがベストなのか?」などと頭を悩ますと思います。
トレンドが分かりやすい時間帯をピックアップして、その波にとって売買をするというのがトレードを進める上での最も大切な考え方です。デイトレードだけではなく、「落ち着く」「トレンドがはっきりしない時は投資しない」というのは、どういったトレード方法を採ろうとも本当に大事になってくるはずです。
FXの取り引きは、「ポジションを建てる&決済する」を繰り返すことです。簡単なことのように考えるかもしれないですが、ポジションを建てるタイミングであったり決済を決断するタイミングは、とても難しいと感じるはずです。
スイングトレードというものは、当日のトレンドに大きく影響を受ける短期売買と比べてみましても、「今迄相場がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が結果を決定づけるトレード方法だと言っていいでしょう。
FXの究極のセールスポイントはレバレッジだと言えますが、確実に把握した上でレバレッジを掛けるようにしないと、はっきり申し上げてリスクを上げる結果となります。

MT4というものは、プレステとかファミコン等の機器と一緒で、本体にソフトを挿入することで、ようやくFX取り引きを始めることができるというものです。
FXを始めるために、取り敢えずFX口座開設をしてしまおうと思っているのだけど、「どうやったら開設が可能なのか?」、「何に重点を置いて会社を選択した方が良いのか?」などと当惑する人は珍しくありません。
スキャルピングに関しましては、ごく短時間の値動きを捉えますので、値動きがはっきりしていることと、「買い」と「売り」の回数が増えますから、取引に掛かるコストが小さい通貨ペアを取り扱うことが重要だと言えます。
申し込みそのものは業者の専用ウェブサイトのFX口座開設ページより15分くらいでできるようになっています。申し込みフォームへの入力終了後、必要書類をFAXなどを利用して送付し審査結果を待ちます。
私は集中的にデイトレードで取り引きを行なっていたのですが、近頃はより収益が期待できるスイングトレード手法で取り引きしています。

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.