海外FX業者比較 人気優良FXランキング2位 TitanFX(タイタンFX)を解説。口座開設・デモ口座開設・入金方法・出金方法など!

海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

第1位のXMトレーディングに次いで当サイト評価第2位はタイタンFX(TitanFX)
TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


でも、何と言ってもやはり日本人が1番利用している海外FX口座はXMトレーディング。海外FXデビューするならXMが無難ですね。タイタンFX口座を開くならサブ口座としてですかね。

ちなみに当方管理人はXMトレーディング2017年10月から軍資金50万円スタートで2018年12月までに約1億5000万円ほど利益を出しました。

その収支を公開しているブログが↓
参考にしていただければ幸いです。

FX

海外FXランキング3位はTitanFX|それぞれの海外FX会社が仮想通貨を使ってのTitanデモトレード(トレード体験)環境を提供しています…。

投稿日:

Titanデイトレードの良いところと言いますと、翌日まで保持することなく例外なしに全てのポジションを決済してしまいますから、不安を抱えて眠る必要がないということだと思っています。
近い将来海外FXを始めようという人や、海外FX会社を換えようかと考慮中の人を対象にして、国内で営業展開している海外FX会社をランキングサイトで比較し、ランキング一覧にて掲載しました。よければご覧になってみて下さい。
全く同じ1円の値動きだとしても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益ということになりますが、10倍でしたら10万円の損益なのです。簡単に言うと「レバレッジが高い倍率になればなるほどリスクも大きくなる」ということです。
チャートの時系列的変動を分析して、いつ売買するかの決定をすることをテクニカル分析と言いますが、この分析ができれば、売買すべき時期の間違いも激減するでしょう。
Titanデモトレードを開始するという段階では、FXに欠かすことができない証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、指定された金額分仮想マネーとして入金されるわけです。

テクニカル分析と呼ばれるのは、相場の時系列変動をチャートで記録し、更にはそのチャートをベースに、極近い将来の相場の値動きを予想するという手法なのです。これは、いつ売買したらいいかを知る時に用いられます。
それぞれの海外FX会社が仮想通貨を使ってのTitanデモトレード(トレード体験)環境を提供しています。本当のお金を投資せずにTitanデモトレード(トレード訓練)ができるわけですから、とにかく体験してみるといいでしょう。
高い金利の通貨に資金を投入して、その後所有することでスワップポイントを手にすることができるので、このスワップポイントを得るだけのために海外FXをしている人も多々あるそうです。
私の主人は総じてTitanデイトレードで取り引きをやっていましたが、この半年くらい前からは、より収益を出すことができるTitanスイングトレード手法で取り引きしているというのが現状です。
Titanスキャルピングというやり方は、相対的に推測しやすい中期から長期に亘る世の中の動向などは問題視せず、勝つか負けるかわからない勝負を感覚的に、かつ限りなく継続するというようなものだと思っています。

レバレッジと言いますのは、送金した証拠金を元手として、最高でその25倍の売買が認められるという仕組みのことを指しています。一例をあげると、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけるということにすると、1000万円分の取り引きができるのです。
Titanスキャルピングのメソッドは幾つもありますが、どれもファンダメンタルズ関連は度外視して、テクニカル指標だけを頼りにしています。
海外FX会社をランキングサイトで比較するなら、最優先に確かめるべきは、取引条件ということになります。海外FX会社それぞれで「スワップ金利」等の条件が違いますので、一人一人の取引スタイルに沿った海外FX会社を、ちゃんとランキングサイトで比較した上で絞り込むといいでしょう。
この頃は、どの海外FX会社も売買手数料は0円となっていますが、その一方でスプレッドがあり、そのスプレッドが現実的な海外FX会社の収益になるのです。
Titanシステムトレードと言いますのは、自動売買プログラムによる自動売買取引のことを指し、初めに決まりを決定しておき、それに沿ってオートマチックに「売りと買い」を終了するという取引です。

-FX

Copyright© 海外FX優良業者 おすすめはTitanFX | FX比較ランキング , 2019 All Rights Reserved.