海外FX 口座開設 比較ランキング おすすめの海外FX業者

海外FX比較 ランキング 海外FX業者口座開設比較評価。 当サイトおススメFX会社を紹介。XM,TitanFX,Gemforex.Bigboss,Tradeview,Land-FX,is6などの海外FX業者を比較ランキングにて紹介中。海外FXを使う理由(メリット)や嬉しいボーナス・キャンペーン情報なども随時更新。

「海外FX」 一覧

XM ~豊富なボーナスとレバレッジの高さで人気~

海外FX比較ランキング1位はXMトレーディング

FXと言えばXM海外FX業者の定番ですね。豊富なボーナスと888倍まで設定できるレバレッジが人気の要因。日本人が一番利用している海外FX業者で人気断トツのナンバーワン企業です。入出金のスムーズさにも定評があり安心安全に利用出来ます。日本語サポートも行き届いており、ライブチャットでリアルタイムに質問出来たりするので海外業と言えども言語の壁は全くありませんので心配ないです。その他に日本人向けにオンラインセミナーを実施、日本人向けのユーチューブFXレポート配信など、日本人にやさしい海外FX業者で顧客満足度と言う観点から考えてもやはり日本人が一番利用しているのはうなずけます。おすすめ度ナンバーワン。セーシェル金融庁ライセンス取得企業。

メタトレーダーを使ったことないと言う方や海外FXが初めてと言う方はまずはデモ口座でお試しすることをおすすめします。リアル口座、デモ口座共に登録は簡単、数分もあれば完了します。入金不要口座開設ボーナス3000円有り

管理人
当方がXMトレード結果を掲載しているトレードブログです。ここ約1年ちょっとでXM口座を使い50万円の軍資金でトータル2億の利益を叩き出しています。参考にしていただければ幸いです。口座開設方法等も記載しております

XMトレードブログ 口座開設したからには億トレーダー

それともう一点、大事な事・・・XMの口座を開設してトレード始める際には、ビットウォレット口座も作っておくと便利です。海外FX業者の多くが対応している入出金に使えるウォレットで、スムーズ、スピーディーに入金・出金が出来て、出金手数料も安く抑えられます。海外FXの入出金の煩わしさを解決し、海外FXの敷居を低くしてくれる優れものです。XM口座の入出金には欠かせない必須アイテムです。
下記ページに簡単な説明をさせていただいていますので参考にして下さい。

XM口座入出金おすすめ必須ビットウォレット 参考ページ
https://fx-kaigai-trade-blog.com/bitwallet/

ビットウォレット公式ページ
https://bitwallet.com/ja/


第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像1

海外FX

海外fxランキング XMが人気|FXをやっていく中で…。

2020/1/27  

仮に1円の変動でありましても、レバレッジが1倍ならば1万円の損益ということになりますが、10倍の場合は10万円の損益になるわけです。簡単に言うならば「レバレッジで高リターンを狙えば狙うほどリスクも高くなる」というわけなのです。MT4は全世界で非常に多くの人にインストールされているFX自動売買ツールだという現状もあって、自動売買プログラムの種類が諸々提供されているのも特徴だと考えます。チャートの動向を分析して、売買時期の決定を下すことをテクニカル分析という名で呼びますが、このテクニカル分析ができるようになったら、売買すべきタイミングを間違うこともグッと減ることになります。トレードに取り組む1日の中で、為替が大きく変わるチャンスを見定めて取引するのがデイトレードというわけです。スワップ収入を目的とするのではなく、その日ごとに何度かトレードを行い、少しずつ収益を出すというトレード方法だと言われます。FXの最大のウリはレバレッジということになりますが、100パーセント納得した状態でレバレッジを掛けることにしないと、はっきり言ってリスクを大きくするだけになるでしょう。 FX口座開設に関しましては“0円”だという業者が大半を占めますので、ある程度時間は取られますが、3~5個開設し実際に使ってみて、自分自身に相応しいFX業者を選んでほしいと思います。FX取引を進める中で耳にするスワップと言いますのは、外貨預金においての「金利」だと考えてください。だけど丸っきり違う部分があり、この「金利」は「貰うばかりではなく取られることもあり得る」のです。FXをやっていく中で、外国で流通する通貨を日本円で買いますと、金利差に該当するスワップポイントが供されますが、高い金利の通貨で低い通貨を買う時は、逆にス ...

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像4

海外FX

海外FX比較ランキング|高金利の通貨だけをチョイスして…。

2020/1/26  

レバレッジと言いますのは、預け入れした証拠金を根拠に、最高でその額の25倍の「売り・買い」が許されるというシステムを指しています。例を挙げると、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけたとしますと、1000万円もの取り引きができるというわけです。トレードの稼ぎ方として、「値が上下どちらか一方向に変動するほんの数秒から数分の時間内に、僅かでもいいから利益を堅実に得よう」というのがスキャルピングというトレード法なのです。FX口座開設に伴っての審査につきましては、主婦や大学生でも通りますから、そこまでの心配はいりませんが、大事な項目の「投資の目的」だったり「投資経験」等は、例外なしにウォッチされます。高金利の通貨だけをチョイスして、そのまま保持することでスワップポイントをゲットすることができるので、このスワップポイントをゲットする為だけにFXに取り組む人も多々あるそうです。「仕事上、毎日チャートを確認するなどということはできない」、「為替に影響を及ぼす経済指標などを速やかにチェックできない」と考えられている方でも、スイングトレードの場合はそんな必要がありません。 買いと売りの両ポジションを一緒に所有すると、円安になっても円高になっても利益を狙うことが可能ですが、リスク管理という点では2倍神経を注ぐことになると思います。実際のところは、本番トレード環境とデモトレードの環境を比べてみますと、本番トレード環境の方が「毎回のトレード毎に1pipsくらい収益が落ちる」と思っていた方が間違いないでしょう。FX取引の進め方も個人毎に異なりますが、一番多い取引スタイルだと言われているのが「デイトレード」になります。その日に確保できる利益を堅実にものにするというのが、このトレードスタイルです ...

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像1

海外FX

海外FX比較|同じ1円の値幅だったとしても…。

2020/1/26  

このウェブページでは、スプレッドだったり手数料などを足した総コストにてFX会社を海外FXレバレッジ比較ランキングで比較一覧にしています。言うまでもなく、コストについては利益に影響しますので、念入りに確認することが求められます。FX取引のやり方も諸々ありますが、一番多い取引スタイルだと考えられているのが、「デイトレード」なのです。毎日毎日ゲットできる利益を安全に押さえるというのが、このトレードのやり方なのです。証拠金を元手にある通貨を購入し、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言うのです。それに対し、保持し続けている通貨を売却することを「ポジションの解消」と言うのです。テクニカル分析をやろうという場合に何より大切なことは、一番に自分自身にピッタリのチャートを見つけることなのです。そうしてそれを反復することにより、ご自分しか知り得ない売買法則を見い出してほしいと願います。今日この頃は、どんなFX会社も売買手数料が無しということになっていますが、他方でスプレッドがあり、そのスプレッドこそが現実的なFX会社の利益ということになります。 同じ1円の値幅だったとしても、レバレッジが1倍でしたら1万円の損益なのですが、10倍の場合は10万円の損益なのです。言ってみれば「レバレッジが高倍率になるほど被害を受ける確率も高くなってしまう」のです。FX取引を行なう際に出てくるスワップと言いますのは、外貨預金でも与えられる「金利」だと思っていいでしょう。だけどまるで違う点があり、この「金利」というのは「受け取るだけかと思いきや支払うことだってあり得る」のです。スキャルピングの方法は種々ありますが、どれにしてもファンダメンタルズ関連については考慮しないで、テクニカル指標のみを活用してい ...

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像5

海外FX

MT4と称されているものは…。

2020/1/25  

MT4が便利だという理由の1つが、チャート画面より容易に注文を入れることが可能だということです。チャートを見ながら、そのチャートを右クリックさえすれば、注文画面が開くようになっています。購入時と売却時の価格に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社ばかりじゃなく銀行でも異なる名称で導入されているのです。しかもとんでもないことに、その手数料というのがFX会社のおよそ200倍というところが少なくありません。デモトレードを活用するのは、99パーセントFXビが初めての人だと考えられるようですが、FXの上級者もちょくちょくデモトレードを使用することがあると聞かされました。例えば新たに考えた手法のトライアルのためなどです。スイングトレードで儲ける為には、そのようになるべく取り引きの行ない方があるわけですが、それもスイングトレードの基本が理解できていることが必要です。とにかくスイングトレードの基本を身に付けなければなりません。レバレッジと言いますのは、FXに取り組む上で常に効果的に使われるシステムだとされますが、現実の投資資金以上の売買が可能ですから、少しの証拠金で物凄い収益を手にすることも不可能ではないのです。 テクニカル分析をする方法ということでは、大きく分けると2種類あります。チャートの形で描かれた内容を「人が自分の目を信じて分析する」というものと、「分析専用ソフトがオートマティックに分析する」というものになります。MT4と称されているものは、ロシアの会社が企画・製造したFX取引き用ソフトになります。無償で使用可能で、と同時に性能抜群ですので、このところFXトレーダーからの評価もアップしているそうです。FX口座開設の申し込み手続きを完了して、審査にパスすれば「ログイン用のIDと ...

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像3

海外FX

デイトレードと呼ばれるものは…。

2020/1/25  

スキャルピングの攻略法は様々ありますが、総じてファンダメンタルズにつきましてはスルーして、テクニカル指標のみを利用しているのです。スキャルピングに関しては、短い時間軸の値動きを何度も利用することになりますから、値動きがはっきりしていることと、売買する回数がかなり多くなりますから、取引に必要な経費が小さい通貨ペアを手がけることが重要になります。FXにおいて、海外通貨を日本円で買うと、金利差に応じたスワップポイントが貰えることになりますが、高金利の通貨で低い通貨を買うといった場合は、まったく逆でスワップポイントを支払う必要が出てくるわけです。「忙しいので日常的にチャートを目にすることは無理に決まっている」、「大事な経済指標などをすぐさま確認することができない」と思われている方でも、スイングトレードだったらまったく心配することはありません。MT4をおすすめする理由のひとつが、チャート画面から簡単に発注できるということなのです。チャートを見ている時に、そのチャート部分で右クリックすれば、注文画面が開くようになっています。 デイトレードと呼ばれるものは、スキャルピングの売買間隔を更に長くしたもので、概ね1~2時間程度から24時間以内に手仕舞いをしてしまうトレードだと言えます。FX会社を比較するという状況でいの一番に確かめてほしいのは、取引条件ですね。一社一社「スワップ金利」を始めとした諸条件が異なりますから、個々人のトレードに対する考え方に適合するFX会社を、きちんと比較した上で選びましょう。FXに挑戦するために、まずはFX口座開設をしようと考えても、「何をすれば開設ができるのか?」、「何を重要視してFX業者を選定した方が賢明か?」などと迷う人は多いです。買う時と売る時の価格に若干の差 ...

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像4

海外FX

海外FX比較口座開設|FX取引の中で…。

2020/1/25  

スワップポイントにつきましては、ポジションを継続した日数分受け取れます。毎日決められている時間にポジションを保持した状態だと、その時にスワップポイントがプラスされることになります。MT4は現在一番多くの方に活用されているFX自動売買ツールだという理由もあって、自動売買プログラムの種類がいろいろ揃っているのも特徴だと考えます。デイトレードというのは、丸々24時間ポジションを継続するというトレードを言うのではなく、現実的にはNY市場がその日の取引を終了する前に売買を完了させてしまうというトレードスタイルのことを言うのです。デイトレードだとしても、「常に投資をして利益を生み出そう」などという考えは捨てた方が賢明です。良くない投資環境の時にトレードをして、思いとは正反対に資金をなくしてしまうようでは元も子もありません。FXをスタートしようと思うなら、最初に実施すべきなのが、FX会社を海外FXアフィリエイトサイトで比較検証してあなたに相応しいFX会社を選抜することだと言っていいでしょう。海外FXアフィリエイトサイトで比較検証する上でのチェック項目が10個あるので、それぞれ説明します。 システムトレードとは、FX取引などにおける自動売買取引のことで、事前にルールを作っておいて、それに沿う形でオートマチカルに売買を継続するという取引です。テクニカル分析をする方法ということでは、大別してふた通りあるのです。チャートに転記された内容を「人間が自分自身の判断のもと分析する」というものと、「コンピューターが半強制的に分析する」というものです。FX取引の中で、一番行なわれている取引スタイルだとされているのが「デイトレード」になります。その日にゲットできる利益をちゃんと押さえるというのが、このトレード ...

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像5

海外FX

海外FX比較ランキング|MT4は今の世の中で一番多くの人に支持されているFX自動売買ツールだという理由もあって…。

2020/1/24  

為替のトレンドも認識できていない状態での短期取引では、リスク管理もできるはずがありません。何と言いましても、ハイレベルなテクニックが要されますから、初心者の方にはスキャルピングは不向きです。スキャルピングの攻略法はたくさんありますが、共通点としてファンダメンタルズに関しましては無視して、テクニカル指標だけを頼りにしています。システムトレードと言われるものは、株式やFXの取り引きにおける自動売買取引のことであり、初めに規則を設定しておいて、それの通りにオートマチカルに売買を繰り返すという取引です。通常、本番トレード環境とデモトレードの環境を対比させますと、本番トレード環境の方が「1回のトレードごとに1pips位利益が減る」と想定した方が間違いないでしょう。売り値と買い値に差をつけるスプレッドは、FX会社は当然の事銀行においても異なる名称で設定されているのです。しかも驚くでしょうが、その手数料がなんとFX会社のおよそ200倍というところがかなり見られます。 為替の動きを予測する為に必要なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事になってくるのは「チャートの流れを読み取って、それから先の為替の動きを予想する」テクニカル分析だと言えるでしょう。「デモトレードをしても、実際のお金を使っていないので、心理的な経験を積むことができない!」、「自分のお金で売買してこそ、初めて経験が積めることになるわけだ!」とおっしゃる人も多々あります。「FX会社それぞれが供しているサービスの内容を見極める時間があまりない」と仰る方も多いと思われます。そんな方にご参照いただく為に、それぞれのサービスの中身でFX会社をボーナス・キャンペーンサイトで海外FX入金ボーナスを比較しております。スイング ...

海外FX

海外FXランキング|「売り・買い」については…。

2020/1/24  

スキャルピングのやり方は三者三様ですが、いずれもファンダメンタルズに関しましては問わずに、テクニカル指標だけを使って行っています。デイトレードというのは、丸一日ポジションを保有するというトレードを言うのではなく、実際はNYマーケットが1日の取引を閉める前に決済をしてしまうというトレードスタイルを指します。MT4の使い勝手がいいという理由の1つが、チャート画面よりストレートに発注することが可能だということです。チャートを見ている時に、そのチャート部分で右クリックするというだけで、注文画面が立ち上がります。証拠金を投入して特定の通貨を買い、そのまま保持している状態のことを「ポジションを持つ」というふうに言います。その一方で、保持し続けている通貨を売却して手放すことを「ポジションの解消」と言っています。「売り・買い」については、全て自動的に展開されるシステムトレードですが、システムの再検討は一定期間ごとに行なうことが不可欠で、そのためには相場観を身に付けることが大事になってきます。 デモトレードの初期段階では、FXに求められる証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数百万円という単位で仮想通貨として準備されることになります。FXにおいて、海外通貨を日本円で買うと、金利差に応じてスワップポイントが与えられますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うような時は、お察しの通りスワップポイントを支払う必要が出てくるわけです。普通、本番のトレード環境とデモトレード環境を比べますと、本番のトレード環境の方が「1回のトレードあたり1pipsくらい収益が少なくなる」と認識した方が賢明です。FX会社を海外FXレバレッジ比較ランキングで比較する時に確認しなければいけないのは、取引条件ということになり ...

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像1

海外FX

海外FX比較|テクニカル分析をする場合に外すことができないことは…。

2020/1/24  

日本の銀行と海外FXボーナスランキングで比較研究して、海外の銀行の金利が高いということで、スワップ金利がもらえるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXに取り組むと付与してもらえるスワップ金利になります。スプレッドと言われる“手数料”は、その他の金融商品と比べても破格の安さです。正直申し上げて、株式投資だと100万円以上の取り引きをしたら、1000円くらいは売買手数料を払うことになります。FXがトレーダーの中で物凄い勢いで拡大した理由の1つが、売買手数料の安さに他なりません。今からFXをスタートすると言うなら、スプレッドの低いFX会社を選択することも大事になってきます。トレードを行なう日の中で、為替が大きく変わるチャンスを逃すことなく取引するのがデイトレードです。スワップ収入狙いではなく、その日その日に何度か取引を行い、確実に儲けを出すというトレード手法だとされます。MT4用の自動トレードソフト(EA)の考案者は様々な国に存在しており、現在のEAの運用状況または使用感などを勘案して、更なる使い勝手のよい自動売買ソフトの開発に努力しています。 FX口座開設が済めば、本当にトレードをしないままでもチャートなどの閲覧はできますので、「差し当たりFXに関する知識を頭に入れたい」などとおっしゃる方も、開設すべきです。スイングトレードと申しますのは、トレードする当日のトレンドが結果を決定づける短期売買と海外FXボーナスランキングで比較研究して、「ここ数日~数ヶ月為替がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が結果に結び付くトレード法なのです。為替の変化も読み取ることができない状態での短期取引ということになれば、うまく行くとは思えません。とにかくある程度のテ ...

海外fx.top海外fx比較ランキング-サムネイル画像1

海外FX

海外FX比較ランキング|スイングトレードの留意点としまして…。

2020/1/23  

レバレッジのお陰で、証拠金が低額だとしてもその額の数倍という取り引きをすることができ、想像以上の収入も見込めますが、それに比例してリスクも高くなるのが通例ですから、欲張ることなくレバレッジ設定してください。デモトレードを始めるという時は、FXに必須の証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数十万~数百万円分仮想マネーとして準備されます。スイングトレードの素晴らしい所は、「四六時中取引画面の前に座ったままで、為替レートを確かめる必要がない」という点だと言え、仕事で忙しい人にピッタリ合うトレード方法だと思います。スキャルピングとは、短い時間でわずかな収益を積み増していく超短期取引のことで、チャートもしくはテクニカル指標を鑑みて取引するというものなのです。FXにトライするために、まずはFX口座開設をしようと考えてはいるけど、「どうやったら口座開設ができるのか?」、「何に重点を置いて会社を選んだ方が間違いないのか?」などと途方に暮れる人はかなりいます。 近い将来FXをやろうという人とか、FX会社を乗り換えてみようかと頭を悩ましている人のために、国内で営業展開しているFX会社を海外FXレバレッジ比較ランキングで比較し、ランキングの形で掲載してみました。よろしければご参照ください。チャートを見る場合に必要とされるとされるのが、テクニカル分析なのです。このウェブページでは、たくさんあるテクニカル分析方法をそれぞれ具体的に解説しています。MT4は目下非常に多くの方に用いられているFX自動売買ツールであるという理由から、自動売買プログラムのタイプが多種多様にあるのも特徴だと言っていいでしょう。スイングトレードの留意点としまして、PCの取引画面をクローズしている時などに、急に考えられないような暴落など ...

Copyright© 海外FX 口座開設 比較ランキング おすすめの海外FX業者 , 2020 All Rights Reserved.