海外FX 口座開設 比較ランキング おすすめの海外FX業者

海外FX比較 ランキング 海外FX業者口座開設比較評価。 当サイトおススメFX会社を紹介。XM,TitanFX,Gemforex.Bigboss,Tradeview,Land-FX,is6などの海外FX業者を比較ランキングにて紹介中。海外FXを使う理由(メリット)や嬉しいボーナス・キャンペーン情報なども随時更新。

海外FX比較 ランキング第1位 XMtrading(XMトレーディング)

XM ~豊富なボーナスとレバレッジの高さで人気~

海外FX比較ランキング1位はXMトレーディング

FXと言えばXM海外FX業者の定番ですね。豊富なボーナスと888倍まで設定できるレバレッジが人気の要因。日本人が一番利用している海外FX業者で人気断トツのナンバーワン企業です。入出金のスムーズさにも定評があり安心安全に利用出来ます。日本語サポートも行き届いており、ライブチャットでリアルタイムに質問出来たりするので海外業と言えども言語の壁は全くありませんので心配ないです。その他に日本人向けにオンラインセミナーを実施、日本人向けのユーチューブFXレポート配信など、日本人にやさしい海外FX業者で顧客満足度と言う観点から考えてもやはり日本人が一番利用しているのはうなずけます。おすすめ度ナンバーワン。セーシェル金融庁ライセンス取得企業。

メタトレーダーを使ったことないと言う方や海外FXが初めてと言う方はまずはデモ口座でお試しすることをおすすめします。リアル口座、デモ口座共に登録は簡単、数分もあれば完了します。入金不要口座開設ボーナス3000円有り

管理人
当方がXMトレード結果を掲載しているトレードブログです。ここ約1年ちょっとでXM口座を使い50万円の軍資金でトータル2億の利益を叩き出しています。参考にしていただければ幸いです。口座開設方法等も記載しております

XMトレードブログ 口座開設したからには億トレーダー

それともう一点、大事な事・・・XMの口座を開設してトレード始める際には、ビットウォレット口座も作っておくと便利です。海外FX業者の多くが対応している入出金に使えるウォレットで、スムーズ、スピーディーに入金・出金が出来て、出金手数料も安く抑えられます。海外FXの入出金の煩わしさを解決し、海外FXの敷居を低くしてくれる優れものです。XM口座の入出金には欠かせない必須アイテムです。
下記ページに簡単な説明をさせていただいていますので参考にして下さい。

XM口座入出金おすすめ必須ビットウォレット 参考ページ
https://fx-kaigai-trade-blog.com/bitwallet/

ビットウォレット公式ページ
https://bitwallet.com/ja/

海外FX比較 ランキング第2位 TitanFX(タイタンFX)

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


海外FX比較 ランキング第3位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)

3位  GEMFOREX

GEMFOREX

ミラートレードやEAによる自動売買に特化。現ゲムdeミラートレードが前進であり、システムトレードに関するノウハウ・情報力は他の海外FX業者より優れている模様。EAの成績情報等もメールで配信してくれるので有難く勉強にもなります。レバレッジ1000倍。ボーナスにおいては、随時キャンペーンを行っており、口座開設ボーナス10000円、20000円など、他、入金100%ボーナス(実質証拠金が倍)、最大100万円入金に対しボーナス100万円のボーナスが付与されます(抽選制ですが当選確率は高い)ボーナスに関しては太っ腹です。とても頑張っている企業で口座開設者数も着実に増加中、利用者はどんどん増えて行っており成長中の会社で今後に期待。2019年にニュージーランド金融ライセンスも取得し信頼度上昇中手軽にミラートレードや自動売買をやってみたい、勉強したいと言う方には最適。

海外FX

海外FX ランキング|海外FXを行なっていく際の個人に許されているレバレッジ倍率|2019年12月6日更新

投稿日:

海外FX人気口座 比較ランキング

海外FXをスタートする前に、取り敢えず海外FX口座開設をしようと思ってはいるけど、「どのようにすれば開設が可能なのか?」、「どの様な海外FX会社を選んだ方が間違いないのか?」などと頭を悩ます人が多いようです。
チャート調査する上で外せないとされているのが、テクニカル分析なのです。このウェブサイトでは、いろいろあるテクニカル分析の仕方を順を追ってステップバイステップで説明させて頂いております。
海外FXスイングトレードの強みは、「常日頃からPCから離れることなく、為替レートを注視しなくて良い」という点で、自由になる時間が少ない人に丁度良いトレード手法だと言えると思います。
スプレッドと申しますのは外貨の買い値と売り値の差のことで、FX会社にとっては利益となる売買手数料とも言えるものですが、各社の方針に従って個別にスプレッド幅を設定しています。
海外FXを行なっていく際の個人に許されているレバレッジ倍率は、以前までは最高が50倍だったことを考えたら、「今現在の最高25倍は決して高いとは言えない」と口にしている方を目にするのも不思議ではありませんが、25倍だと言いましても十二分な収益をあげることが可能です。

海外FXスキャルピングの正攻法は各人各様ですが、どれもファンダメンタルズ関係はスルーして、テクニカル指標だけを利用しています。
海外FXスキャルピングという取引方法は、割と想定しやすい中長期に及ぶ経済変動などは考慮せず、どちらに転ぶかわからない勝負を直感的に、かつ極限までやり続けるというようなものです。
海外FXで言われるポジションとは、ある程度の証拠金を納入して、スイスフラン/円などの通貨ペアを売り買いすることを言います。ついでに言うと、外貨預金には「ポジション」という概念は存在していません。
「海外FXデモトレードに勤しんでも、実際に痛手を被ることがないので、精神的な経験を積むには無理がある!」、「現実のお金でトレードしてこそ、初めて経験が積めると言えるのだ!」と主張される方もいます。
レバレッジと申しますのは、預け入れた証拠金を元本として、最大その金額の25倍の取り引きが許されるというシステムを指しています。仮に50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけますと、1000万円もの「売り・買い」が可能なわけです。

EA自動売買と言われるのは、人の気分であったり判断が入り込む余地がないようにするための海外FX手法というわけですが、そのルールを考案するのは人間というわけですから、そのルールがその先もまかり通るということはあり得ないでしょう。
同一国の通貨であったとしても、海外FX会社毎でもらうことができるスワップポイントは異なるのが普通だと言えます。ネットなどで手堅く調べて、なるだけお得な会社を選択しましょう。
金利が高く設定されている通貨だけを買って、そのまま保有し続けることでスワップポイントをゲットすることができるので、このスワップポイントという利益をもらおうと海外FXに勤しんでいる人もかなり見られます。
初回入金額と申しますのは、海外FX口座開設が終了した後に入金することが要される最低必要金額のことです。特に金額設定をしていない会社も見られますが、5万円必要というような金額指定をしているところも少なくないです。
海外FXにつきまして調べていきますと、MT4(メタトレーダー4)という文言をよく目にします。MT4と言いますのは、使用料なしで使用することができる海外FXソフトのことで、いろいろ活用できるチャートや自動売買機能が実装されているトレードツールのことを指します。

MT4で使用できる自動取引ソフト(EA)の製作者は各国に存在しており、実際の運用状況だったりユーザーの評判などを基に、更に実用性の高い自動売買ソフトの開発製造に頑張っています。
システムトレードに関しても、新たに注文を入れるタイミングに、証拠金余力が必要とされる証拠金の額を下回っていると、新たに売買することは不可能となっています。
チャート閲覧する場合に大事になると言って間違いないのが、テクニカル分析です。こちらのウェブサイトにて、多種多様にある分析法を一つ一つわかりやすく説明いたしております。
ポジションに関しましては、「買いポジション」と「売りポジション」に分類できますが、このポジションと言いますのは、取り引きをした後、決済しないでその状態を維持し続けている注文のことを意味するのです。
デイトレードの特徴と言いますと、次の日に持ち越すことなく例外なしに全てのポジションを決済してしまいますから、スッキリした気分で就寝できるということだと思います。

スイングトレードにつきましては、売買をする当日のトレンドに大きく影響される短期売買とは異なり、「従来から相場がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が肝になるトレード方法です。
レバレッジを有効活用すれば、証拠金をそれほど多く拠出できなくてもその25倍までの売り買いを行なうことができ、多額の利益も目指せますが、その裏返しでリスクも高まるので、しっかりと吟味してレバレッジ設定することが大切になります。
FX会社に入る収益はスプレッドが齎すことになるのですが、例えば南アフリカ・ランドと日本円のトレードの場合、FX会社は顧客に対して、その海外通貨の購入時と売却時の為替レートを適用し、そこで生まれる差額が利益になるのです。
トレードに関しましては、何もかもオートマチックに進行するシステムトレードではありますが、システムの微調整や見直しは定期的に行なうことが必須で、その為には相場観を養うことが肝心だと思います。
MT4をパーソナルコンピューターに設置して、ネットに繋いだ状態でストップさせることなく動かしておけば、遊びに行っている間もひとりでにFXトレードを行なってくれるのです。

少ない金額の証拠金によって高額な売買ができるレバレッジではありますが、目論んでいる通りに値が変化してくれればそれなりのリターンを獲得することができますが、逆に動いた場合はある程度の被害を食らうことになるわけです。
5000米ドルを買って保有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。当然のことですがドル高へと為替が動いた時には、売却して利益を確定させた方が良いでしょう。
FXに関する個人を対象にしたレバレッジ倍率は、従来までは最高が50倍だったことを思いますと、「今時の最高25倍は低いと感じてしまう」と口にする人が存在するのも当然ではありますが、25倍だと言いましても十二分な収益をあげることが可能です。
FXの一番のおすすめポイントはレバレッジということになりますが、完全に了解した上でレバレッジを掛けるようにしないと、単純にリスクを上げるだけになると言えます。
同じ種類の通貨の場合でも、FX会社が違えば供されるスワップポイントは違ってきます。比較一覧などで手堅く見比べて、なるだけお得な会社を選定しましょう。

FX会社に入る利益はスプレッドが生み出していると言えるのですが、例えばシンガポール・ドルと日本円を売買する場合、FX会社はユーザーに向けて、その外国通貨を購入する時と売却する時の為替レートを適用するわけです。
デイトレードというのは、完全に1日ポジションを保つというトレードを言うのではなく、本当のところはNY市場が手仕舞いされる前に決済を完結させてしまうというトレードスタイルのことを言います。
FXで利益を得たいなら、FX会社を比較して、その上であなたにフィットする会社を見極めることが必要だと言えます。このFX会社を比較するという場合に重要となるポイントなどをご披露したいと思っています。
テクニカル分析を行なう時は、一般的にローソク足を時系列的に配置したチャートを活用することになります。初心者からすれば容易ではなさそうですが、しっかりと読み取れるようになりますと、正に鬼に金棒の武器になります。
売買する時の価格に差を設けるスプレッドは、FX会社だけじゃなく銀行でも異なる名前で導入しています。しかも驚くかと思いますが、その手数料がなんとFX会社の190~200倍というところが多々あります。

買いと売りの2つのポジションを同時に保持すると、円高になろうとも円安になろうとも収益を狙うことができますが、リスク管理という部分では2倍気遣いをする必要に迫られます。
日本国内にも数多くのFX会社があり、各会社が独自のサービスを展開しております。そういったサービスでFX会社を比較して、自分自身に相応しいFX会社を絞り込むことが大切だと思います。
相場の傾向も掴めていない状態での短期取引ということになれば、成功するはずがないと言えます。とにかくハイレベルなテクニックが必須ですから、いわゆる新参者にはスキャルピングは困難だと言わざるを得ません。
MT4は世の中で最も多くの人々に使われているFX自動売買ツールだということもあって、自動売買プログラムの種類が豊富なのも特徴だと言えるでしょう。
FXを始めるつもりなら、何よりも先に実施すべきなのが、FX会社を比較してあなた自身にフィットするFX会社を選定することだと言えます。比較する場合のチェック項目が10項目ございますので、1個1個詳述いたします。

スキャルピングという手法は、どちらかと言えば想定しやすい中長期に亘る経済動向などは顧みず、勝つか負けるかわからない戦いを瞬時に、かつ間断なく続けるというようなものだと言えます。
デイトレードのおすすめポイントと言うと、その日1日できっちりと全部のポジションを決済しますので、結果が出るのが早いということだと言えるでしょう。
スイングトレードの素晴らしい所は、「年がら年中PCのトレード画面の前に座りっ放しで、為替レートをチェックする必要がない」という部分であり、仕事で忙しい人にうってつけのトレード法だと言えます。
スイングトレードの場合は、数日~数週間、長いケースでは数か月といったトレード方法になるので、日頃のニュースなどを参考に、それから先の世界の経済情勢を予想し投資することができます。
FXの一番の魅力はレバレッジでしょうけれど、100パーセント腑に落ちた状態でレバレッジを掛けるというふうにしないと、ただ単にリスクを上げるだけだと忠告しておきます。

こちらのHPでは、スプレッドであったり手数料などをプラスした実質コストにてFX会社を比較一覧にしています。無論コストにつきましては収益に影響を及ぼしますから、きちんと確認することが大切だと言えます。
スキャルピングとは、数秒から数十秒という時間で極少利益を取っていく超短期トレードのことで、チャートあるいはテクニカル指標に基づいて投資をするというものなのです。
同一種類の通貨のケースでも、FX会社それぞれで与えられるスワップポイントは異なるものなのです。各社のオフィシャルサイトなどで事前に比較検討して、なるべくお得になる会社を選定しましょう。
スイングトレードの良い所は、「常時PCの売買画面から離れずに、為替レートを確かめなくて良い」という点で、忙しないことが嫌いな人に適しているトレード方法だと言っていいでしょう。
初回入金額と言いますのは、GEMFOREX口座開設(海外FX)が終わった後に入金することになる最低必要金額のことです。特に金額指定をしていない会社もありますが、最低10万円というような金額設定をしている会社もあります。

FXに関しては、「外貨を売る」という状態から取引をスタートさせることもできるわけですが、このように外貨を所有しないで「外貨を売った状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われます。
スプレッドと申しますのは外貨を買う時と売る時の価格差のことで、FX会社の実利となる売買手数料の一種で、各社ごとに独自にスプレッド幅を決めているのです。
スイングトレードをする場合、取引画面をチェックしていない時などに、急に大きな変動などが起こった場合に対処できるように、スタート前に何らかの対策をしておきませんと、大損失を被ります。
スキャルピングの行ない方は諸々ありますが、押しなべてファンダメンタルズについては顧みないで、テクニカル指標だけを信じて行います。
FXを行なっていく際の個人限定のレバレッジ倍率は、何年か前までは最高が50倍だったことを思い起こせば、「現在の最高25倍は低すぎる」とおっしゃる人がいるのも理解できなくはないですが、この25倍でもしっかりと収益を確保できます。

FXに取り組む際に、海外の通貨を日本円で買うと、金利差に応じたスワップポイントを獲得できますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買うという場合は、裏腹にスワップポイントを払う羽目になります。
「デモトレードを繰り返し行なっても、現実的な損害を被ることは皆無なので、メンタル上の経験を積むことは無理だ!」、「自分で稼いだお金でトレードしてこそ、初めて経験を積むことができると言えるのだ!」と言われることが多いです。
FXに取り組みたいと言うなら、さしあたって行なうべきなのが、FX会社を比較してご自身に合うFX会社を選抜することだと言っていいでしょう。FX会社を明確に比較する上でのチェック項目が8個ありますので、1項目ずつ説明させていただきます。
トレードを行なう一日の中で、為替が大きく変動するチャンスを逃すことなく取引するというのがデイトレードというわけです。スワップ収入を目標にするのではなく、その日の中で何度か取引を行い、少しずつ利益をゲットするというトレード手法だとされます。
GEMFOREX口座開設(海外FX)を完了しておけば、現実に売買を始めなくてもチャートなどの閲覧はできますので、「何はさておきFXについて学びたい」などとおっしゃる方も、開設して損はありません。

海外FX業者ボーナス情報

-海外FX

Copyright© 海外FX 口座開設 比較ランキング おすすめの海外FX業者 , 2019 All Rights Reserved.