海外FX 口座開設 比較ランキング おすすめの海外FX業者

海外FX比較 ランキング 海外FX業者口座開設比較評価。 当サイトおススメFX会社を紹介。XM,TitanFX,Gemforex.Bigboss,Tradeview,Land-FX,is6などの海外FX業者を比較ランキングにて紹介中。海外FXを使う理由(メリット)や嬉しいボーナス・キャンペーン情報なども随時更新。

海外FX比較 ランキング第1位 XMtrading(XMトレーディング)

XM ~豊富なボーナスとレバレッジの高さで人気~

海外FX比較ランキング1位はXMトレーディング

FXと言えばXM海外FX業者の定番ですね。豊富なボーナスと888倍まで設定できるレバレッジが人気の要因。日本人が一番利用している海外FX業者で人気断トツのナンバーワン企業です。入出金のスムーズさにも定評があり安心安全に利用出来ます。日本語サポートも行き届いており、ライブチャットでリアルタイムに質問出来たりするので海外業と言えども言語の壁は全くありませんので心配ないです。その他に日本人向けにオンラインセミナーを実施、日本人向けのユーチューブFXレポート配信など、日本人にやさしい海外FX業者で顧客満足度と言う観点から考えてもやはり日本人が一番利用しているのはうなずけます。おすすめ度ナンバーワン。セーシェル金融庁ライセンス取得企業。

メタトレーダーを使ったことないと言う方や海外FXが初めてと言う方はまずはデモ口座でお試しすることをおすすめします。リアル口座、デモ口座共に登録は簡単、数分もあれば完了します。入金不要口座開設ボーナス3000円有り

管理人
当方がXMトレード結果を掲載しているトレードブログです。ここ約1年ちょっとでXM口座を使い50万円の軍資金でトータル2億の利益を叩き出しています。参考にしていただければ幸いです。口座開設方法等も記載しております

XMトレードブログ 口座開設したからには億トレーダー

それともう一点、大事な事・・・XMの口座を開設してトレード始める際には、ビットウォレット口座も作っておくと便利です。海外FX業者の多くが対応している入出金に使えるウォレットで、スムーズ、スピーディーに入金・出金が出来て、出金手数料も安く抑えられます。海外FXの入出金の煩わしさを解決し、海外FXの敷居を低くしてくれる優れものです。XM口座の入出金には欠かせない必須アイテムです。
下記ページに簡単な説明をさせていただいていますので参考にして下さい。

XM口座入出金おすすめ必須ビットウォレット 参考ページ
https://fx-kaigai-trade-blog.com/bitwallet/

ビットウォレット公式ページ
https://bitwallet.com/ja/

海外FX比較 ランキング第2位 TitanFX(タイタンFX)

第2位 TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価~

海外FX比較ランキング2位はTiranFX(タイタンFX)

TitanFX ~業界最狭のスプレッドで高評価 ブレード口座はスキャルピングに最適~。スタンダード口座とブレード口座(ECN口座)があり、共にレバレッジは最大500倍まで設定可能。もちろん、ゼロカットシステム採用、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP),バヌアツ共和国金融庁(VFSC)の認可を受けている優良企業です。残念ながらXMようなボーナスはなし。ビットウォレット・クレジットカード(VISA・MASTER)対応。日本語サポートにしっかりで、ウェブサイト管理画面も日本人が使いやすいようにしっかり作りこまれているようで、日本人向けの営業姿勢の真剣さが伺える。個人的に利用してみた結果、不服な要因はなしでした。トラブル報告、悪い評判等も特に聞かれなく、安心して運用資金を預けられる最も満足して使える優良会社の1つでXM同様、超おススメです


海外FX比較 ランキング第3位 GEMFOREX(ゲムフォレックス)

3位  GEMFOREX

GEMFOREX

ミラートレードやEAによる自動売買に特化。現ゲムdeミラートレードが前進であり、システムトレードに関するノウハウ・情報力は他の海外FX業者より優れている模様。EAの成績情報等もメールで配信してくれるので有難く勉強にもなります。レバレッジ1000倍。ボーナスにおいては、随時キャンペーンを行っており、口座開設ボーナス10000円、20000円など、他、入金100%ボーナス(実質証拠金が倍)、最大100万円入金に対しボーナス100万円のボーナスが付与されます(抽選制ですが当選確率は高い)ボーナスに関しては太っ腹です。とても頑張っている企業で口座開設者数も着実に増加中、利用者はどんどん増えて行っており成長中の会社で今後に期待。2019年にニュージーランド金融ライセンスも取得し信頼度上昇中手軽にミラートレードや自動売買をやってみたい、勉強したいと言う方には最適。

海外FX

海外FXの口座開設をして億トレーダーを目指す|2019年10月12日更新

更新日:

新規開設ボーナスを獲得出来る海外FX業者

少額の資金からハイレバレッジトレードが出来るのは海外FX業者

海外FX取引の中で、最も取り組まれている取引スタイルだと言われているのが「海外FXデイトレード」です。毎日毎日確保できる利益を着実にものにするというのが、このトレードの進め方だと言えます。
海外FX関連事項をリサーチしていきますと、MT4という横文字が頻出することに気付きます。MT4というのは、利用料不要で利用できる海外FXソフトの名称で、優れたチャートや自動売買機能が付いている売買ツールのことを指すのです。
「仕事の関係で連日チャートに注目するなんてことはできない」、「為替変動にも直結する経済指標などを迅速にチェックすることができない」とお考えの方でも、海外FXスイングトレードを採用すれば全然心配無用です。
海外FXスイングトレードに関しては、売買をするその日のトレンドに結果が左右される短期売買とは違い、「以前から為替がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が大事になるトレード法なのです。
注目を集めているEA自動売買を調査してみると、他の海外FXプレーヤーが立案・作成した、「しっかりと収益に結び付いている自動売買プログラム」を基本に自動売買が行なわれるようになっているものがたくさんあることが分かります。

海外FX口座開設そのものはタダだという業者が大部分ですから、ある程度時間は取られますが、何個か開設し現実に売買しながら、自分に適する海外FX業者を選ぶべきでしょうね。
スワップポイントと申しますのは、ポジションを続けた日数分与えられます。毎日特定の時間にポジションをキープした状態だと、その時にスワップポイントが加算されるというわけです。
海外FXの一番の特長はレバレッジだと思いますが、完璧に得心した状態でレバレッジを掛けませんと、はっきり申し上げてリスクを上げるだけになります。
この先海外FXにチャレンジする人や、海外FX会社をチェンジしようかと迷っている人のために、ネットをメインに展開している海外FX会社を比較し、一覧表にしました。よければご覧になってみて下さい。
海外FXデイトレードとは、丸一日ポジションを維持するというトレードを指すのではなく、実際はNY市場が手仕舞いする前に決済を行うというトレードのことを言います。

トレードにつきましては、一切面倒なことなく行なわれるEA自動売買ですが、システムの適正化は普段から行なうことが重要で、そのためには相場観を培うことが絶対必要です。
今となっては多くの海外FX会社があり、それぞれの会社が固有のサービスを提供しております。こうしたサービスで海外FX会社を比較して、あなた自身にピッタリの海外FX会社を探し出すことが必要です。
海外FXを始めると言うのなら、取り敢えず実施すべきなのが、海外FX会社を比較してご自分に合う海外FX会社を発見することではないでしょうか?比較するためのチェック項目が10項目ございますので、1項目ずつ説明させていただきます。
テクニカル分析をする方法ということでは、大きく類別するとふた通りあります。チャートに表記された内容を「人が分析する」というものと、「分析プログラムが自動で分析する」というものになります。
海外FXスキャルピングに関しましては、僅かな時間の値動きを利用するものなので、値動きが一定水準以上あることと、「売り」と「買い」の回数が非常に多くなりますので、取引に掛かる経費が少ない通貨ペアをチョイスすることが必須条件です。

レバレッジコントロールをし億り人になった人も多数

レバレッジと言いますのは、入れた証拠金を証に、最大でその額面の25倍の「売り買い」ができるというシステムを言います。例を挙げると、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけますと、1000万円の売買ができてしまうのです。
チャート閲覧する上で絶対必要だと指摘されるのが、テクニカル分析です。このページにて、多数あるテクニカル分析手法を順を追って事細かにご案内させて頂いております。
「デモトレードをしても、実際のお金が動いていないので、心理的な経験を積むことが困難だ!」、「自分のお金でトレードしてこそ、初めて経験を積むことができるわけだ!」とおっしゃる方も結構いらっしゃいます。
ここ数年は、どこのFX会社も売買手数料を取るようなことはしていませんが、それとは別にスプレッドがあり、そのスプレッドこそが事実上のFX会社の収益だと考えていいのです。
テクニカル分析をするという場合は、だいたいローソク足を並べて表示したチャートを活用します。ちょっと見引いてしまうかもしれませんが、完璧に理解できるようになりますと、無くてはならないものになるはずです。

FX会社が得る収益はスプレッドから生み出されるのですが、例を挙げれば英国ポンドと日本円の取り引きの場合、FX会社はあなたに向けて、その外国通貨を購入する時と売却する時の為替レートを適用し、その差額を手数料とするのです。
スイングトレードにつきましては、毎日毎日のトレンドに大きく影響される短期売買とは違い、「ここ数日~数ヶ月為替がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が大きく影響するトレード方法だと思っています。
5000米ドルを購入してそのままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。無論ドル高に進展したら、即売り決済をして利益を確定させた方が賢明です。
チャートの時系列的値動きを分析して、いつ売買すべきかの判断をすることをテクニカル分析というわけですが、このテクニカル分析が可能になれば、「売り買い」するベストタイミングを外すことも少なくなるでしょう。
FX会社と申しますのは、各社共に特色があり、他より優れた所もあれば劣っている所もあるのが当たり前ですので、ズブの素人である場合、「どこのFX業者でFX口座開設した方が賢明か?」などと悩むことでしょう。

スプレッドと申しますのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、FX会社にとっては利益となる売買手数料の様なものですが、各社の方針に従って独自にスプレッド幅を定めています。
デモトレードを始めるという時は、FXに必須の証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数百万円単位の仮想マネーとして用意されます。
システムトレードの一番の優位点は、要らぬ感情を排除することができる点だと言えます。裁量トレードを行なおうとすると、絶対に感情が取り引き中に入ることになってしまいます。
スキャルピングというのは、1回のトレードで1円未満という僅少な利幅を得ることを目的に、一日に何度も取引を実施して利益をストックし続ける、特殊な売買手法というわけです。
システムトレードと呼ばれているものは、自動売買プログラムによる自動売買取引のことで、取り引きをする前にルールを定めておき、それに準拠して強制的に「買いと売り」を継続するという取引です。

高金利の通貨に投資して、そのまま保有し続けることでスワップポイントが付与されるので、このスワップポイントという利益をもらおうとFXを行なっている人も稀ではないとのことです。
初回入金額というのは、FX口座開設が終わった後に入金しなければいけない最低必要金額のことを指します。最低金額の指定のない会社も存在しますが、50000円必要というような金額設定をしているところも多いです。
私の仲間は大体デイトレードで取り引きをやっていたのですが、近頃ではより大きな利益が望めるスイングトレード手法を採用して取り引きしているというのが現状です。
デイトレードとは、一日24時間ポジションを保持するというトレードを指すのではなく、実際はNYのマーケットの取引終了前に決済を完了するというトレードのことを言っています。
「FX会社個々が提供するサービスの実態を海外FXランキングでゲムフォレックスを比較する時間があまりない」といった方も多いはずです。こういった方の役に立つようにと、それぞれが提供しているサービス内容でFX会社を海外FXランキングでゲムフォレックスを比較し、ランキング形式で並べました。

システムトレードの一番の売りは、邪魔になる感情の入り込む余地がない点だと考えています。裁量トレードだと、どのようにしても自分の感情がトレードを行なう際に入ることになると思います。
小さな金額の証拠金の入金で高額な取り引きが可能なレバレッジですが、考えている通りに値が進展してくれれば嬉しい儲けを手にすることができますが、反対になった場合は大きな損失を被ることになるのです。
「常日頃チャートに注目するなんてことは困難だろう」、「為替に影響を及ぼす経済指標などをタイムリーにチェックできない」と言われる方でも、スイングトレードを採用すればそういった心配をする必要がないのです。
当WEBサイトでは、手数料であったりスプレッドなどをカウントしたトータルコストでFX会社を海外FXランキングでゲムフォレックスを比較した一覧を確認することができます。勿論コストと申しますのは収益を圧迫することになりますから、ちゃんと確かめることが必須です。
FX取引のやり方も諸々ありますが、一番人気の高い取引スタイルだとされるのが「デイトレード」になります。1日でゲットできる利益をきちんと押さえるというのが、このトレードスタイルです。

チャートの方向性が明確になっている時間帯を見定めて、その波にとって売買をするというのがトレードをやる上での肝になると言えます。デイトレードは当然として、「熱くならない」「勝てる時だけポジションを持つ」というのは、どういったトレード法でやるにしてもとても大事なことです。
スプレッド(≒手数料)は、一般的な金融商品と比べても超格安です。はっきり申し上げて、株式投資の場合は100万円以上の売買をすると、1000円程度は売買手数料を払うことになります。
デイトレードというのは、スキャルピングの売るタイミングと買うタイミングをある程度長めにしたもので、現実の上では数時間程度から24時間以内にポジションをなくしてしまうトレードだと理解されています。
MT4と言われるものは、ロシアで作られたFX取引専用ツールです。利用料なしで使え、それに加えて多機能装備であるために、近頃FXトレーダーからの支持率もかなり上昇しているそうです。
FXが投資家の中で急速に進展した誘因の1つが、売買手数料の安さに他なりません。あなたにFXの経験値がないなら、スプレッドの低いFX会社を選ぶことも必要だとお伝えしておきます。

海外 FX 人気ランキング

-海外FX

Copyright© 海外FX 口座開設 比較ランキング おすすめの海外FX業者 , 2019 All Rights Reserved.